始めて仕事を楽しいと思えた

始めて仕事を楽しいと思えた

就職したばかりの僕に、社会の壁は大きく立ちはだかりました。

馴染めない人間関係、面白くもない仕事…こんな毎日があと40年以上続くのかと思うと、いつか心が壊れてしまうと思いました。

働くことに対してネガティブなイメージしか持っていなかった僕ですが、仕事に対する価値観を変えてくれたのがライバーディレクターという働き方です。

人生を変えた仕事

ライバーディレクターという仕事を見つける前、僕はやりたいことについて色々考えていました。

自分にとって、やりたいこととは何か。

これやってみたいという興味ではなく、もうこれしかないと思えるような情熱。

人生全てを賭ける価値のある挑戦。

考えれば考えるほど分からなくなりましたが、ここだけは譲れないというポイントも見えてきました。

まず、自由に働きたい。

会社という組織に縛られること、人間関係に悩まされること、前職で嫌ほど味わった僕にとって、自由ほど価値を感じるものもありません。

そしてできれば、クリエイティブな仕事がいい。

思考停止な単純労働ではなく、作品に魂を込めて人から喜ばれるもの。

そこでピンポイントでライバーディレクターという生き方を知ったわけなので、興味を持たないはずがありません。

僕はこのチャンスを逃すまいと、手を伸ばしたのです。

ライバーディレクターで初めて本気になれた

ライバーディレクターに憧れたのは、自分らしく生きるため。

お金は生きていける最低限でいい、それよりも自由に生きたいという思いからでした。

そして、いざやってみると案外面白く、自分に向いていることが分かったのです。

例えば皆さんも、熱く語れるもの、詳しいもの、他の人の悩みを解決できるような経験、これら何か1つは持っているのではないでしょうか。

僕の場合は、真っ当に働きたくない、自分らしい生き方を追求したいという思いが強く、それを叶えた今、同じ思いを持つライバーさんのサポートに回っています。

「会社を辞めたい」「自分らしく生き方を追求したい」「働くことに疲れた」

など、こういった悩みを持つ方はいつの時代も多く、需要が尽きることはありません。

あなたも今、何か悩みを抱えていないでしょうか。

そんな方にこそ僕は、ライバーディレクターという働き方を知っていただきたい。

今、皆さんが挑戦する勇気と、ライバー業界について真摯に学ぶ行動力があれば、僕のように自由に稼げるようになり、人生が一気にイージーモードになります。

仕事として、これほど楽しいと思えるものもありませんので、まずは無料オンライン説明会だけでもチェックしてみてはいかがでしょうか。

TOPページを見る