ライバーディレクターとして稼げるようになるまでの話

ライバーディレクターとして稼げるようになるまでの話

現在の僕の年収は、約1200万円ほど。

ライバーディレクターとして働く以前と比べると、約3倍近くの年収になりました。

年収1000万円を超えるのはトップ5%の人材なので、僕の同年代と比較しても、自分の年収は引けを取らないでしょう。

今となっては、年収に固執することもなくなりましたが、以前までは違いました。

とにかく自分の年収がコンプレックスだったのです。

では、一体なぜここまで年収を伸ばすことができたのか。

僕が稼げるようになるまでの経緯について、お話ししたいと思います。

ライバーディレクターに、自分の全てを賭けた

年収のコンプレックスを克服するには、稼ぎまくるしかない。

ただ「低学歴」「低スペック」「中年サラリーマン」といった、稼げない要素が凝縮されたような僕が、取るべき行動とは何なのでしょうか。

それは「将来性」を見るということでした。

これはどういうことなのかといえば、例えば既存の職業、医師やパイロットなどの高給取りは、もう年齢的に不可能です。

また、サラリーマンの副業として人気だった投資・副業・せどりなども難しいでしょう。

なぜならその手の王道のビジネスは、既にプロが存在しており、僕が今から浅知恵をつけたところで、叶うはずありません。

しかし、今後広まりつつある仕事であれば僕にもチャンスがあります。

先行者利益に乗り、実績やスキルをつけることが出来れば、その道で食いっぱぐれることはない、だからこそ未経験で挑めるライバーディレクターを知った当時は驚きでしたね。

最初の一円を稼ぐまでが至難

驚かれるかも知れませんが、月に100万円を稼ぐことは難しいことではありません。

仕組みさえ確立できれば、あとは量を増やすだけですからね。

一方で、最初の一円を稼ぐまで、仕組みが出来上がるまでは少々頑張らないといけません。

最初は不安も多いですし、投じたお金や時間が無駄になってしまうのでは…といった恐怖もあります。

しかし、それらを乗り越えてようやく1円稼げた時の喜びは、他にも代え難いものがあるはずです。

自分の努力が、初めて証明されたわけであり、あとはそのまま突き進めばいいだけ。

稼げるのか不安を抱えていた状況とは、雲泥の差が生まれ、またライバーディレクターとしても圧倒的に成長できているのです!

ライバーディレクターのおかげで人生に余裕が持てた

ライバーディレクターとして結果をだすことで、僕はようやく自由になることができました。

経済的な自由、時間・場所の自由など、自由にも様々な形がありますが、僕が実感したのは、ずっと抱えていたコンプレックスからの解放です。

年収のコンプレックスを解消するには、人一倍稼ぐしかない。

その盲信に猛進し、ついにやり遂げたのです!ですので、今では執着するものがありません。

自由に生きれるというのは、こんなにも素晴らしいことなのか、そうその喜びを噛みしめる毎日を謳歌しています。

TOPページを見る